脂肪溶解注射を打って、理想の体型を手に入れよう

「脂肪吸引」
お腹のお肉をつまむ

どこを見て選ぶか

「脂肪溶解注射を受けられるなら、どこの美容外科でもいいのでは?」と、適当に選ぶ人がいます。ですが、受けた美容外科によって「効果の現れ方」「受けた後の状態」などが変わってきます。笑顔で美容外科を去るためにも、美容外科選びを慎重に選びましょう。

脂肪溶解注射を打った後、腫れてしまったり赤くなったりすることがあります。ですが、一定期間経過することで、普段の肌の状態に戻ります。しかし、稀にこれらの症状がずっと続いてしまうという、異常をきたすことがあります。そういうとき、医師に相談をしたらアフターフォローやケアを行ってくれるか確認しましょう。

対応の仕方が丁寧な美容外科というのは、「患者のこと一番に考えている」ということが分かります。そのため、何かトラブルが起こったとしても丁寧に対応してくれます。また、患者の希望があれば、できるだけ叶えようと最善をつくしてくれます。電話で予約をするときやカウンセリングをするときは、対応の仕方に注目してみましょう。

カウンセリングをしているとき、医師がリスクについても話をするか確認しましょう。脂肪溶解注射のメリットな部分と共に、リスクについて話をしてくれるというこの行為。患者に納得してもらってから受けてほしい、という医師の気持ちが現れていることが分かります。また、同時に「患者のことを大事にしている」ということが分かるため、信頼して施術を受けることができます。

脂肪溶解注射の施術後にいくつかの注意を守る必要がありますが、それ以外で言うとメリットの方が多いと言われています。特に、施術時間は脂肪吸引に比べて5分から10分ほどで終わってしまいます。注射のみなので当然です。ただし施術は一回で効果が出てくるわけではありません。大量に投与してしまうと体に負担をかけてしまうからです。そのため、何回か行うことで効果を出していくこととなります。その回数は痩身したい場所・目標によっても異なってきます。本気でダイエットをしたいと思うのならば継続することが肝心です。そのため、もしも脂肪溶解注射を利用するというのならば、近くの美容外科を利用したほうが移動の負担を減らすことができるのでオススメです。美容外科の脂肪溶解注射は体への負担が少なく安全である事、他の施術と比べてダウンタイムが少ない点も人気となっている理由でもあります。また、セルライトに悩んでいる方にも脂肪溶解注射は効果的で皮膚の凸凹を解消していく事が出来ます。小顔を目指している方にはあごや頬に2〜3回脂肪溶解注射を注入するとたるみもすっきりします。注入する部分や個人差によって回数は異なりますが、大体2〜3回注入すると効果を実感できるようで、半永久的に持続効果が期待できます。エステのダイエットコースに通ったり、エンジンケア化粧品を使って引き締める事も出来ますが、時間が掛かります。その点、脂肪溶解注射なら短期間でダイエットできるので忙しい方、すぐに痩せたい方にお勧めです。

Copyright(c) 2015 脂肪溶解注射を打って、理想の体型を手に入れよう . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com